1. TOP
  2. 自分のミッション(使命)を見つける方法

自分のミッション(使命)を見つける方法

情熱的になれるもので仕事がしたい!

「コレッ!」と思えるものをビジネスに活かしたい!

 

そう思いながら過ごしている人は少なくないものです。

 

情熱的になれるものがあれば、
戦力投球して打ち込めるのに!

そして、そんなビジネスがしたい!

 

でも、なかなか情熱的になれるものに出会えない・・・

なかなか、コレッと思えるものがない・・・

 

というのも、現状ではないでしょうか?

 

今日は、自分の『本質的な価値観』を『ミッション(使命)』に変換していきます。

 

ミッションとは

辞書で「ミッション」調べると、

使命・重要な任務

と、出てきます。

(大辞林より)

 

では、「使命」はどうでしょうか?

1使者として受けた命令。使者としての務め。
「特別な使命を帯びる」
2 与えられた重大な務め。
責任をもって果たさなければならない任務。「教師の使命」
(大辞林より)

 

うーん。

抽象的すぎて、分かりにくいですね。

 

コアコンセプト戦略では、ミッションを次のように定義しています。

本質的な価値観を「貢献」に置き、お客様との約束を果たすべきビジネスとして遂行すること。

 

 

つまり、自分の本質的な価値観に従った『好き』なことをして感じる

『喜び』や『感動』を自分が味わうだけではなく、

自分と同じ価値観の人達に、同じように味わい感じてもらう行動

を『ミッション(使命)』と呼びます。

 

 

人の本質的な幸福は、自分ひとりで『感情』を得るだけでは

より多くの幸福感を手にすることができません。

 

自分が得たい『感情』を、人と感じ強化し合うことで手にすることが出来ます。

 

そして、ひとにより多くの幸福感を与えることができると『自己重要感』を感じることができます。

さらに、多くの幸福感を与えたいと思い、昨日より今日の自分を成長させることができるようになります。

 

 

ミッション作りに必要な3要素

ミッションや使命を出すには、3つの要素が必要になります。

 

==========================

1、自分の本質的な価値観

2、貢献したいと思う対象者

3、価値観を共有する”コト”(商品やサービス)

==========================

 

自分のビジネスのコアコンセプトをつくるには、

効果的なコニュニケーション能力をつける必要があります。

 

この大事なコニュニケーション能力というのは、

「自分の大切な価値観を説明するときに、

相手の視点から話をする能力」のことです。

 

ミッションを成し遂げるということは、

本質的な価値観を「貢献」に置き、

お客様との約束を果たすべきビジネスとして遂行すること

 

もっと言えば、お金をもらう以上

お客様と約束したコトを遂行しないと、クレームになります。

 

苦手だからやらないとか、めんどうだからやりたくないとか言ってられません。

 

だからこそ、ミッションをビジネスの軸に置くことで、自分自身が成長する環境を作ることができるのです。

 

そして、コンセプトを作ることで、

自分の人生により多くの幸福感を手に入れることができるのです。

 

ミッションに生きる人生の成功サイクル

 

ミッションをビジネスの軸に置くと、

どんなことが起こり始めるのでしょうか?

 

そのサイクルは次のようになります。

 

本質的な価値観を知る⇨人生のミッションをビジネスにすると決める

⇨提供する人を決める⇨何を提供するのか決める⇨提供する⇨

感動する⇒成長する⇒さらに大きな夢=ビジョン(ミッションを実現する具体的な行動)が広がる

 

自分のビジネスに軸を決めて、諦めずに行動することで自分自身もビジネスも成長することができます。

 

これが人生の成功の原理原則の仕組みであり、ビジネスにおいてもその理論は同じです。

 

ですから起業で成功するために非常に大切な要素は、起業家の個人的なミッションをビジネスの軸として入れることが成功の鍵となります。

 

keyboard-621830__340.jpg

 

【注意】この成功理論はスモールビジネスやフリーランスのビジネス

モデルの成功理論です。それ以外の組織の成功理論とは違います。

 

それでは2日目のワークを進めて行きましょう。

 

ミッションを作り出すワーク

 

【質問1】

1回目のワークで自分の大切にしたい価値観を明確にしました。

その言葉から思いつく限りのキーワードを書き出しましょう。

言葉はできる限り短い単語で表現してみましょう。

例)『つながり』『愛』『貢献』『挑戦』『革命』etc・・・

 

 

【質問2】

質問1で記入したキーワードの中で自分のビジネスでもっと大切

にしたい自分の価値観を、上位1位~3位までを書き出しましょう。

 

 

【質問3】

質問2で記入したキーワード(1位~3位)の自分なりの定義を決めてください。

例)『つながり』=定義:人と人が同じ時間に同じ喜びを感じている状態

 

 

【質問4】

質問3の1位のキーワードの状態に出来た時にあなたが得る感情はなんですか?

例)人と人が共感し合う姿が自分の人生の最高の興奮と感動を与えてくれる

 

 

【質問5】

質問4の1位のキーワードの状態であなたはどんな成長ができますか?

例)より一層、この人が何に感動して、何に喜ぶのか? さらにレベルが

高い感動を与えられるようになる。

 

 

【質問6】

質問3~5の状態をつくるための最適な行動はなんですか?

例)イベント、ライブ、コミュニティー

 

 

【質問7】

質問6をやるための最適な職業、仕事はなんですか?

例)イベンター、コミュニティーリーダー

 

 

 

 

まとめ

起業家としてうまくいく人と、いかない人との大きな違いは、

世間や社会の常識の枠の中で考えるかどうかにあります。

 

ワークを進めていく中で、

「これじゃ、お金にならないよね」

「こんなビジネスはあり得ない」

「こんなものに、お金を払う人なんかいないよ」

 

と、考えながらワークを進めると

やりたいことを探しているのか、うまくいく方法を探しているのかがわからなくなります。

 

まずは、一旦、うまくいく方法や、お金になる方法から抜け出して、

アイディアや発想を大事にして進めてくださいね。

 

プレゼント

今日も、コメントお待ちしています。

 

下のコメント蘭に滬メントをいただいた方全員へ

 

残りの3つのワークシートをプレゼントします。

 

コメントには、3つの事をご記入ください。

 

1. 今回のワークの答え
※添削しますので、遠慮なくどうぞ。

2. 現状の解決したい問題
※今回のワークに関係なく、現状のことについてどうぞ。

3. もし、その問題が解決したらどう飛躍できると思いますか?

 

コメント一つ一つにはからなず回答させていただきますので、

お気軽にコメントくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

コアコンセプト戦略ー突き抜けたビジネスで市場を支配するーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コアコンセプト戦略ー突き抜けたビジネスで市場を支配するーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメント

  1. 瀬戸川将司 より:

    いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。

    1・貢献、ポジティブ、感動、協力、チームワーク、支援、成長、仲間、感謝、熱意、挑戦、素直

    2・1位貢献 2位感動 3位成長

    3・貢献=力を尽くして他者、社会の役に立つこと。自己犠牲でなく、自他共に得るものがあること。
      感動=相手の予想を上回ること。深く感じて心を動かすこと。
      成長=過去の自分自身より向上向上すること。

    4・自己肯定感、自己効力感、達成感。

    5・目標に近づく、達成する。新たな課題、目標が見つかる。

    6・サービス、コミュニティー、情報提供、指導。

    7・サービス業、教育者、店舗経営。

    以上です。よろしくお願いいたします。

    1. takayukisawada takayukisawada より:

      瀬戸川さん 投稿して頂きありがとうございます。
      瀬戸川さん回答は実に明確で素晴らしいと思います。
      1日も早く自分の夢を実現できるビジネスをスタートさせてください。
      それでは今回のワークを分析してみましょう。

      【ワーク 1】の回答は前回の自分の人生が輝いていた時期の出来事に
      共通するキーワードが多いと思われます。
      想像するに、『情熱的に人のためにになることを仲間と協力し合って実現したい』
      という感じでしょうか?

      【ワーク 2、3】では1位に貢献と書かれてありますが瀬戸川さんはこの言葉の
      意味を『社会の役に立つこと』と表現されていますが、この瀬戸川さんにとっての『貢献』
      という意味をもっと具体的に表現してみましょう。

      【ワークの深堀の質】
      1)貢献したい『他者』とは具体的にどんな人なのでしょうか?
      ※できる限り個人名レベルで詳細に答えられると良いと思います。

      2)その人はどんな『悩み』『問題』を抱えて瀬戸川さんの元を訪れるのでしょうか?

      3)その人は『何を期待して』瀬戸川さんの元へ訪れるのでしょうか?

      4)その人に瀬戸川さんが感動的で、自分の成長を感じられる挑戦的なサービスとはなんですか?
       具体的に対価が発生することを前提で考えてみてください。

      5)その人は瀬戸川さんのサービスに感動します。
       それは自分の期待を上回るサービスの提供の結果です。
       具体的に相手の方はどんな期待を持って瀬戸川さんの元を訪れ、具体的にどんな
       期待を上回る感動を得ることが出来たのでしょうか?
       映画のワンシーンで登場してくるような感動的な具体的なストーリーにまとめて
       ください。

      【ワーク 6、7】の回答を具体的に実現できる店舗イメージを考えてください。
      ビジネスとして実在しているものが良いです。
      多少の違いがあれども、自分の理想するビジネスに近いサービスを提供している
      店舗が見つかれば理想的です。
      2~3つの候補を探してみましょう。

      瀬戸川さんの『ミッション』は素晴らしいと思います。
      もっと具体的に表現して具体的な行動計画を作成して行きましょう。

  2. 大ちゃん より:

    ゆっきー、さわでぃさん。
    具体化するのが苦手だー。
    よろしくお願いします。

    1. 今回のワークの答え

    【質問1】思いつく限りのキーワード
    冒険、好奇心、自立、ワクワク、成長、リーダーシップ、情熱、自由、根性、可能性

    【質問2】質問1で記入したキーワードの中で自分のビジネスでもっと大切
    にしたい自分の価値観上位1位~3位。
    1位:成長
    2位:好奇心
    3位:情熱

    【質問3】質問2で記入したキーワード(1位~3位)の自分なりの定義。
    例)『つながり』=定義:人と人が同じ時間に同じ喜びを感じている状態
    成長=自分を磨き続けて特別な存在になって、人に与えるものができていくこと。
    好奇心=新しいモノ、気づき、に貪欲であること。
    情熱=溢れてきて抑えきれない状態。

    【質問4】質問3の1位のキーワードの状態に出来た時にあなたが得る感情はなんですか?
    また新しい扉が開くワクワク感と、人に貢献できたときの幸福感。

    【質問5】質問4の1位のキーワードの状態であなたはどんな成長ができますか?
    自分への無限の可能性を感じることができ、人の可能性(成長)も応援したくなる。

    【質問6】質問3~5の状態をつくるための最適な行動はなんですか?
    ビジネスを持つこと

    【質問7】質問6をやるための最適な職業、仕事はなんですか?
    例)イベンター、コミュニティーリーダー
    リーダーになること。

    2. 現状の解決したい問題
    質問6、質問7を明確にしたい!

    3. もし、その問題が解決したらどう飛躍できると思いますか?
    後は突き進むだけ!!だと思う。

    1. takayukisawada takayukisawada より:

      大ちゃん お久しぶりです‼
      元気にしていますか?
      質問の回答を送って頂きありがとうございます。
      それでは回答の内容を詳しくみていきましょう。

      それなのに今では仕事もプライベートも情熱を感じる
      ことが出来ない。
      大ちゃんはなぜ? そうなったのか理由がわかりますか?

      大ちゃんも私も20代の時は『無我夢中』で情熱的に『仕事』や
      『プライベート』に打ち込んできました。
      今では同じことをやっても昔のように熱くなれません。
      歳を重ねると『情熱』を失くしてしまうのでしょうか?

      答えは『情熱』はなくなりません。
      人生の最後の日まで人は『情熱的』いることが出来ます。
      それではなぜ? 
      大ちゃんは『情熱』を失くしてしまったのでしょうか?

      人は誰しも年齢を重ねるうちに『様々な経験』をして『知識』を
      得て成長していきます。
      その過程で、結婚をして子供が生まれて『守る』ものができます。

      若い時は常に『新しいことへの挑戦』『新しい知識や技術の習得』
      『同じ価値観で話せる仲間との出会いや別れ』
      常に『成長』を感じる日々が続いていました。

      それがいつの日から、『安全な人生』『無難な選択』など自分の行動が
      気がつかないうちに保守的な行動になってしまっているのです。
      以前と同じことをしていても『情熱』を感じない理由は『人の成長』
      に対する欲求は歳を重ねるたびに変化していくのです。

      20代 ステップ(挑戦と社会への適応)
      30代 ステップ(スキルの卓越化と自分軸の発見)
      40代 ステップ(ミッションに生きる・行動する)
      50代 ステップ(繁栄と果実の享受)
      60代 ステップ(新たな発見と挑戦)

      人の中でもっとも高い欲求は『自己重要感』です。
      その『自己重要感』は『自己成長』と『他人からの承認・賞賛』で得ることが
      できますが、年代に応じて自分が得たい『成長』『承認・賞賛』のステージが
      変わります。

      ですから大ちゃんの年代であれば『自分の人生のミッション』を見つけ
      それを実現すべく行動して結果を出すことによって、あの日に感じた『情熱』
      を感じれるようになります。

      http://syukyaku-coach.com/%E8%B5%B7%E6%A5%AD%E5%AE%B6%E3%82%84%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%80%85%E3%81%8C%E6%82%A9%E3%82%80%E3%80%8C%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%80%8D%E3%81%A9%E3%81%86%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6/

    2. takayukisawada takayukisawada より:

      大ちゃん 質問の回答を送って頂きありがとうございます。
      それでは回答の内容を確認していきましょう。

      ミッションとは?
      自分の本質的な価値観=『直感的な好き』
      これは生まれた時から死ぬまで不変な『好き』です。

      もう一つ『好き』は生まれた後に人の影響や社会の影響によって
      つくられた『自分の好き』です。

      例えば大ちゃんがお寿司を好きだったとしましょう。
      これは後天的にできた『好き』です。
      そして大ちゃんが『海に行くこと』が『好き』だったとしましょう。
      『いつから海を好きになったのですか?』と聞かれたら
      『もの心がついた時から好きだったので・・・』と答えるでしょう。
      それは『先天的好き』の可能性が高いです。

      『好きな理由はなんですか?』と聞かれても
      『理由はわからないな・・・』
      『なんで好きなんだろうな~』
      『理由はわからないけど海を見ると心が落ち着く』
      そのような答えになると思います。

      それは直感的に『好き』になったもので思考が後付けで『理由』を探します。
      思考の中の『好き』の理由は変わっていきますが、その『好き』は生涯で
      変わらず『好き』です。

      それとは対照にお寿司の『好き』はいずれ『好きでも嫌いでもない』か?
      『嫌い』に変わっていきます。
      人は30~40歳の間に『ミッション』を見つけ。それを自分の人生の軸と
      して生きていかなければなりません。

      大ちゃんももう一度『先天的好き』を探してみてください。

      1. 大ちゃん より:

        さわでぃさん、元気でやっています~^^
        さわでぃさんの活躍、遠くから応援しています♪

        ご回答いただきありがとうございます。

        『情熱』はなくならない。
        人生の最後の日まで人は『情熱的』いることが出来る。
        という言葉にはっとしました。
        目が覚めたような感じです。

        いつの日から、
        『安全な人生』
        『無難な選択』
        など自分の行動が
        気がつかないうちに
        保守的な行動になってしまっているのです。

        そうですね。。。
        情熱的に生きたいという反面、
        保守的な行動しらずしらずなっていました。

        『先天的好き』というのは、
        【使命を夢に変える楽しい経営術『ミッションステイトメント』の作り方】
        にある、例えば~

        『みんなと共感できる世界』

        『多くの人達を成長させる』

        『愛と感動を伝え続ける』

        『感動と感銘を創造する』

        『変革に常に挑戦する』

        ということですね!?

        ーーーーーーーーーー
        自分がその行動をしている時に、
        その場所にいる時に、
        そんな仲間と一緒にいる時に、
        そんな場面を自分の力で作りだした時に最高の喜びを感じる世界です。
        これはその人にとって人生の最高の瞬間です。
        ーーーーーーーーーー


        一度、これを基に感じてみて、
        『先天的好き』をみつけます。

        ありがとうございます。

        1. takayukisawada takayukisawada より:

          大ちゃん 返信してくれてありがとう。

          自分自身も過去何十年と悩んだ問題です。
          『自分が何をしたいのか?』
          『今後、自分がやっていきたいことは何なのか?』
          『どうやったら心の渇きを潤すことができるのか?』

          ずっと悩んでいろんな行動をしました。
          著名な人の講演会に行ったり
          スピリチュアルな活動に没頭してみたり
          信仰を持ってみたり
          自己啓発のセミナーに参加したり
          ・・・etc

          でもそんなことで私の問題が解決することはありませんでした。
          答えは全部、自分の中にあります。
          具体的な行動手段も自分が知っています。

          それなのになぜ?
          自分の本当の『好き』を思い出すことができないのか?

          その理由も自分にあります。
          私、自信も起業した時はその思考でした。

          自分の過去で自分の『好き』を否定したのです。
          『自分の好きに価値化がない』
          『自分の好きでは食べていけない』
          『自分の好きでは家族を養うことが出来ない』
          『自分の好きを否定する』
          『自分の好きを好きではいけない』

          知らず知らずの内に自分の中に『固定概念』をつくってしました。
          そして・・・
          『安全な』
          『無難な』
          『手堅い』
          『賢い』
          そんな思考を自分の人生で『正しい』ことと思い込んでしまった。

          歳を重ねると重ねれば
          『挑戦しない』
          『危険を起こさない』
          『非常識なことをしない』
          『簡単な目標しかやらない』

          やっぱり男はいつでもギラギラして挑戦を続けないと・・・
          男は自分の人生で常に過去や常識を打ち破っていかないと・・・
          そうすれば自分が手に入れたいものは手に入れることができる。

          自分の『好き』を自分のビジネスの軸として行動できれば
          すべて解決する。
          自分の『好き』をやるために起業がベストであれば
          自分でビジネスをやることを選択すればいい。

          でも自分の『好き』を好きにやっててもビジネスの結果を出せない。
          そこは正しい知識と正しい手段を踏むことが大切。

          大ちゃんも自分の『好き』が見つかってビジネスをしたくなったら
          私達に相談してください。

          1. 大ちゃん より:

            さわでぃさん、こんにちは!
            さわでぃさんも同じ経験をされたんですね。
            共感しました。

            お盆休みにしっかり向き合ってみました。
            そしたら「好き」が分かってきました!!
            どういうときにワクワクしていて、
            情熱がほとばしっていたか、
            感覚的に分かりました。

            まだ、言語化できていないのですが、
            今のところ「拓く」という感覚があります。

            1回目のワークを通して、共通して感じたのは
            追い込まれるとそこから這い上がってくるための
            エネルギーが湧きます。
            それは暗闇でも一筋の光を掴むような、感じで、、、

            趣味のダイビングをしていても、
            登山をしていても、マラソンをしていても
            同じ感じがしました。
            そこが好きだ。それを感じたいから、
            やってるんだーっと思いました。

            それは人に対してもそんな気がします。
            サポーターとして、一緒に道を拓くような、、、
            コーチングやエネルギーマスターをしていても、
            新しい気づきが起こった時には鳥肌がたつような
            喜びを感じます。

            人の持つ可能性が開いた瞬間、
            視界が開けたような感覚が
            僕の「好き」な感じがします。

          2. takayukisawada takayukisawada より:

            大ちゃん 返信してくれてありがとうございます。
            『拓く』っていい言葉だね‼
            なにか大ちゃんらしいイノベーターな言葉だね。
            凄く大ちゃんのイメージと合致してると思う。

            『拓く』という言葉は『開く』とは違いがあって
            『土地を開拓する』とか
            『未来を切り開く』とか
            ただの『拓く』ではなく
            新しいことに挑戦していくような『未知』への
            挑戦をやっていくようなイメージだよね。

            そして大ちゃんのイメージは
            未知への挑戦を『拓く』
            そこへ『導く』というイメージがあるね。

            自分が挑戦して『拓く』ことよりも
            人が自分の人生を『切り拓いた』時に大きな感動を得てるように見える。
            まさにそんな時に大ちゃんは『自分の好き』をして
            大きな感動を得ているんだろうね。

            それをもっと自分なりの方法で
            コーチングやエネルギーマスターを越える成果を出せる
            方法を考えてごらん‼
            必ず、その答えは大ちゃんの中にある。

            『むしろ大ちゃんがする【未来を拓く】は大ちゃんにしかできない』
            『目的を達成するのに常識はいらない』
            大ちゃんにしかできない非常識なやり方を具体化してみて‼

  3. 大ちゃん より:

    さわでぃさん

    お返事ありがとうございます。

    イメージと合致しています!?^^
    嬉しいです!!
    さわでぃさんに導いていただけました!!

    未知への挑戦を『拓く』そこへ『導く』

    さわでぃさんのおっしゃられる通り、僕は、
    自分が挑戦して『拓く』<人が自分の人生を『切り拓いた』
    に大きな感動を得ています。

    自分なりの方法というのはまだ見つかっていないので、
    コーチングやエネルギーマスターをやりながら
    深堀してみたいと思います!!

コメントを残す

関連記事

  • 起業家のための世界観を伝え共感されるストーリーの作り方

  • 【保存版】起業家必見!顧客をファンにするコアコンセプトの作り方具体例でわかる!

  • 起業家のための世界観を作るコンセプトの決定で大事な3つの要素【実践ワーク付き】

  • 九州・福岡で独立起業するなら!失敗しないための最強のコアコンセプトから戦略を生み出す起業セミナー

  • 付加価値のあるビジネスを作る方法【実践ワーク】

  • 訴求力を高めるターゲット設定の4つのポイント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。