1. TOP
  2. 商品サービスの訴求力を高め顧客を魅了するこだわりポイントの見つけ方

商品サービスの訴求力を高め顧客を魅了するこだわりポイントの見つけ方

一生懸命自分の好きなものや

好きなことについて語っている人を見ると

魅力を感じます。

 

 

語っている人の好きなものと、

聞き手が同じ「好きなもの」であれば

ますます興味が湧きます。

 

人を魅了させるためには、

まずは、自分が魅了されている必要があります。

 

 

こだわり大好き

三澤はチョコレートが大好きです。

新作や、期間限定には目がないです(笑)

最近はまっているのがコレ!

↓ビーン・トゥー・バー(聞いたことありますか?)

コンビニやスーパーなどでも見かけますよね。

 

いま、巷ではすっごいブームなんです。

 

明○製菓の板チョコだと、一枚100円くらいですが、
こちらのチョコレートは一箱220円です。

 

2倍くらい差がありますね。

 

チョコ好きの私は、安いチョコよりも、
ビーン・トゥー・バーを選びます!

 

作り手のこだわりが、味にそのまんま反映されています。

 

豆からチョコを作り、全て手作りなんです!

見学工場があるほど!

 

 

ショコラティエやパティシエは一般的に、大手菓子メーカーなどから、製菓用のチョコレート「クーベルチュール」を仕入れ、製品にする。カカオ豆からチョコレートを作ることは、大手メーカーを除き、これまで日本ではほとんどなかった。

三枝さんが「カカオのアトリエ」と呼ぶ工房内には、ベトナムやマダガスカル、ハイチなど、12カ国から輸入されたカカオ豆が麻袋に入れられ、ずらりと並ぶ。これらの豆から丹念に作られたチョコレートは、フルーツのような酸味や、薬のような苦みがあり、原産地によって全く味わいが違う。三枝さんは、「原点にさかのぼることでチョコレート作りの可能性を無限大に広げたい」と話す。

ヨーロッパの老舗菓子店では、以前から同様の製法でチョコレートが作られてきた。改めて注目されるようになったのは、2009年ごろ。製菓業界とは無関係だったマスト兄弟が、ニューヨークのブルックリンで始めたビーン・トゥー・バーの店「マスト・ブラザーズ・チョコレート」の大ヒットなどがブームに火を付けた。海外から広がったチョコレートの新潮流は日本にも伝わり、専門店が増加中だ。

ワインやコーヒーのように、香りや味の違いを楽しむ。奥深いチョコレートの世界が広がっている。

週刊朝日 2015年2月13日号

 

こんなコト知ってしまったら、

チョコ好きは220円のチョコをゆっくり堪能したい思っちゃいます(笑)

 

こだわりを持つだけではなく、伝えるコトで、

知らない人が訴求してくれる可能性も増えてきます。

(きっと、これを読んだ人は食べたくなったはず笑)

 

自分の好きな価値観や商品やサービスに込めたこだわりが、

人を魅了しファンを作り伝染してきます。

 

そのおおもとになれるのは、こだわりを持ち

訴求力を持った人だけです。

 

コンセプト戦略で大事なことは4つ

————————————————-

1、なぜ(売るのか、使ってもらうのか)

2、誰に(売るのか、使ってもらうのか)

3、何を(売るのか、使ってもらうのか)

4、どのように(売るのか、使ってもらうのか)

————————————————-

上記1〜3の3つのポイントが揃うと、

4番目の販売戦略にエッジが立ってきます。

なんども言うように、戦術から始めても効果は期待できません!

しっかりと、土台を整えていきましょうね。

1、理念やミッション、使命は明確ですか?

ビジネスを行う上での覚悟とも言えますね。

2、ターゲットは明確ですか?

しっかりと、状況だけでなく

背景にある感情や生活スタイルも把握してください。

3、何を売るのか

ここ、すっごく大事です。

何=商品・サービスの値段のついてるもの(ハード面)

の前に

何=コト(ソフト面)=こだわり

を、提供者がしっかりと持っている必要があります。

この「こだわり」っぷりが、

人を魅了していきます。

 

人が魅力を感じる4つのポイント

 

もし、商品を購入しようと思ったり、サービスを受けようと思ったとき、

どういう基準で選択をしていますか?

 

1、直感で

2、感覚で

3、感情で

4、考えて

 

選んで、購入しています。

商品やサービスへの「こだわり」が

直感でも、感覚でも、感情でも、考えてもわかるようにするのが

お仕事になります。

 

商品やサービスを提供するだけがお仕事ではありません。

 

相手に伝わってこそ、魅力を感じてもらうコトができます。

 

上記の4つは、ターゲットにあっているものでないと

訴求力は発揮しません。

チョコレートを甘いものが苦手な人に伝えるのは至難の技。

 

チョコ好きの価値観が同じ人ほどファンにしやすいのです。

 

でも、あまりにも熱心に「こだわり」を伝えていると、

苦手な人も、チャレンジしたくなるコトもありません。

 

相手の気持ちをあおるよりも、

自分の「こだわり」を貫いていくだでいいのです。

 

 

顧客を魅了したかったらトコトンこだわるべし!

 

起業家のあなた!

プロとして、顧客に提供する

「こだわり」

明確に言えますか?

 

「○○だから、私はこれをやっているの!」

と、言い切れる「こだわり」です。

 

提供者がやるべきことはターゲットに

分かりやすく伝えることです。

『決して選択を強制してはいけません』

 

最終的なニーズを満たすまで、ターゲットと提供者と購入者の関係を

続けることができるビジネスつくりが大切です。

 

購入者にとって根本的なニーズや欲求を満たす適切なタイミングあります。

 

そのタイミングが来るまで提供者は強制することなく

待ってあげることがとても大切です。

 

特に『言葉巧みその気にさせて購買させることは厳禁!』

やればやるほど、かえってブランド力は落ちます。

 

自分の言葉をニーズに合わせることは大事。

 

でも、

ニーズの言葉に自分が合わせるのはNG。

 

プロなら、自分の「こだわり」を貫け!

 

 

 

訴求力を高めるこだわりを見つけるワーク

【質問1】

あなた自身が大切にしているこだわりはなんですか?

 

【質問2】

あなたの顧客に対してのこだわりはなんですか?

 

【質問3】

商品やサービスに対してこだわっているポイントはどこですか?

ターゲットに分かるような単語3つで表現してみてください。

 

【質問4】

ターゲットに分かるような単語3つで表現してみてください。

 

 

 

まとめ

訴求力を高めるためには、自分の言葉を磨く必要があります。

 

パラフレーズ(例え話)や具体的に言い換えること。

このバリエーションが、

 

営業力、プレゼン力になり、

文章やチラシ、キャッチコピーなどに活かせるようになります。

 

まずは、自分のコアを明確にしましょう。

 

プレゼント

今日のワークはいかがでしたか?

 

下のコメント蘭にコメントをいただいた方全員へ

 

残りの5つのワークシートをプレゼントします。

 

コメントには、3つの事をご記入ください。

 

1. 今回のワークの答え
※添削しますので、遠慮なくどうぞ。

2. 現状の解決したい問題
※今回のワークに関係なく、現状のことについてどうぞ。

3. もし、その問題が解決したらどう飛躍できると思いますか?

 

コメント一つ一つにはからなず回答させていただきますので、

お気軽にコメントくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

コアコンセプト戦略ー突き抜けたビジネスで市場を支配するーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コアコンセプト戦略ー突き抜けたビジネスで市場を支配するーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメント

  1. 瀬戸川将司 より:

    いつも有難うございます。よろしくお願いいたします。

    1・基本を守る。 常により良い方法を模索している。スタイルのトレンドを知ろうとしている。

    2・不満をなるべく早く解決する。 オーダー、意見を大切にする。

    3・伸びても収まりの良いヘアカット。 身体、頭皮の状態に合わせた快感技術。 男性的なヘアースタイル。

    4・スッキリ。 長持ち。 男らしい。

    2・エクセルシートの使い方がわからない。

    3・顧客管理ができる(次回来店予想日を出す等)

    以上です。よろしくお願いいたします。
     

    1. takayukisawada takayukisawada より:

      瀬戸川さん 投稿して頂きありがとうございます。

      男性も女性も歳をとっても『よく見られたい』という願望は
      誰にもあると思います。
      若い時は『綺麗な服装』『トレンドを意識したスタイリング』など
      髪型や服装で自分を表現することが多いと思います。

      しかし、年齢を重ねてくるとただ『綺麗な洋服』を着ている
      かっこいい髪形であるだけでは魅力に欠ける気がします。
      紳士な男性にとって身だしなみは『相手に対する配慮』であって
      自分が表現したいこと『スタイル』で表現することは違うような気がします。

      そして何よりも男性でも女性でも『かっこ良さ』『素敵さ』は年齢を重ねて
      いくと『内から溢れ出す』魅力というか、その人の人生観が大きな魅力に
      なるのではないかと私は思っています。
      そんな『魅力』をどうスタイルで表現すればいいのか?
      人は誰しも『自分の魅力』をよくわかっていません。

      これは私見ですが『自分の魅力』を理解してくれて、その魅力を最大限
      引き出してくれることができる、瀬戸川さんがアーティストであれば
      私は『お任せ』でスタイルをお願いすると思います。

      顧客が商品やサービスに魅力を感じるのは、これまでの自分の常識を
      越えた価値を提案された時にとても魅力を感じます。
      ようするに顧客は自分の『要望』を分かっているようで分かっていないのです。
      具体的に表現する言葉や方法が分からないこともあります。

      ですから提供者側はそれを『挑戦的』に提案する必要があります。
      新規のビジネスとはギャンブルのようなものです。
      顧客の潜在的なニーズとマッチングして劇的にヒットすることもあれば
      まったく受け入れられない時もあります。

      失敗した理由は
      1)商品がニッチすぎてニーズの数が少ない
      2)ニーズを持っている人に情報発信できていない
      3)商品の価値が伝わっていない

      大きく分けるとこのような失敗理由がありますが
      1)以外であれば伝達の方法や表現を変えることで改善ができます。

      瀬戸川さんも是非、非常識で型破りなサービスの提案を考えて頂ければ幸いです。
      本日もお付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す

関連記事

  • クロージングトークはこう使う!相手の心理を読み解く成功するテクニックとは

  • 【保存版】起業家必見!顧客をファンにするコアコンセプトの作り方具体例でわかる!

  • 起業家のための世界観を伝え共感されるストーリーの作り方

  • コアコンセプトとはビジネスの目的を戦略にするために欠かせない10のステップと事例

  • お客さんがリピートする戦略『熱狂的ファン』の作り方

  • 付加価値のあるビジネスを作る方法【実践ワーク】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。